フィナステリドが主成分のフィナバルドとはどんな薬か

薄毛治療は早めに行なうことでその進行を抑えることができます。かなり進行した場合は植毛などで対応することもできますが、まだそこまで進んでいないという場合は薬の治療だけでもかなり良い改善が見られる場合もあります。そして、薬には様々な種類がありますが、飲むタイプの薬は効果が高いことで知られておりプロペシアが処方されることが多くなっています。プロペシアは一日一回服用することで薄毛の進行を抑えてくれる薬ですが、すぐに効果が出るわけではなく、効果を実感するまでには長期に薬を利用していくこととなります。そして薬は保険適用ではありませんので、どうしても高くなる傾向にあります。無理なく続けていくためにも薬はより安く購入したいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

薬代を抑えるためにはジェネリックを選ぶという方法があります。これは新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売する薬ですでに有効成分も製造方法もわかっているので、費用もかなり抑えて同じ成分で効果効能を持つ薬を作ることができます。それゆえにこうした薬を使うと治療費はよりやすく抑えることができます。日本ではまだ薄毛治療の医薬品のジェネリックは販売されていませんが、海外ではすでに使われており、その種類も様々なものがあります。

 

そして、薬を選ぶ場合は口コミを参考にすることも多いですが、フィナバルドも注目されている薬のひとつでこの薬は個人輸入という形で入手することができます。

 

 

フィナバルドとはプロペシアと同じくフィナステリドが主成分となり1錠につき1mgを含有しています。East West Pharma社が製造販売しており、同じような効果効能が期待できながら値段はかなり安いという違いがあります。

 
効果効能も同じように期待できますが、同じ成分の薬ですので副作用も同じようになっていますので、副作用についても確認しておきましょう。
リスクについても知っておきたいですが、まず医療機関で処方される薬とは違いますので、その使用については自己責任ということとなります。プロペシアは女性が使えない薬として知られていますが、同居している女性や子供がいる場合は薬に触れないよう管理はしっかり行なっておきましょう。

 
それからこうした薬はインターネットを通じて購入することが多いですが、中には偽薬が出回っている場合もあります。
それゆえに安全に薬を使っていくためにもできるだけ信頼性の高い代行業者を選ぶこと、使用方法を正しくすることも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です