フィナステリドが有効成分のハリフィンとはどんな薬か

薄毛治療は最近はかなり一般的となっていますが、数ある薄毛治療の中でも特に医薬品を使った治療は手軽に行なえること、費用を抑えられることなどで人気となっています。そして、薬は飲むタイプの薬と直接頭皮に塗るタイプの薬があり、合わせて使うことで高い効果を得られるとされています。塗るタイプの薬はミノキシジルが有名ですが、飲むタイプではプロペシアが有名で、この2つの薬を合わせて処方されることが多くなっています。プロペシアは有効成分がフィナステリドとなっており一錠につき1mgが配合されています。そしてこの薬は1日1回飲むことで効果をあげていくこととなります。効果が出るまでは少し時間が必要で、効果が現れてからも薬を続けることとなりますので、やはり薬の購入費は気になるところです。

 

AGA治療薬を安く購入する方法として、個人輸入が注目されています。海外ではまだ日本では認可されていないプロペシアと同じ主成分で、同じ効果効能が得られる薬が多数販売されています。しかも値段がかなり安いということもあり、こうした薬を選んで薄毛治療を続けている人も多くなっています。

 

 

それからこうした薬も様々な種類がありますので、それぞれの違いをよく理解し最適なものを選んでいきましょう。そして、口コミなどの評価も薬を選ぶ際に良い参考となりますが、ハリフィンも注目されている薬のひとつです。ハリフィンを選び前にはその薬の特徴をよく知っておきましょう。

 

ハリフィンとは、フィナステリドを主成分としたプロスカーのジェネリック医薬品でT. O. Chemicals社から製造販売されている薬です。もともとは前立腺肥大症の薬として使われていましたが、育毛効果が見られたことから、育毛剤としても利用されるようになりました。脱毛の原因となジヒドロテストステロンの増加を防ぐ効果を期待することができます。副作用やリスクについても知っておきたいですが、プロペシアと同じ有効成分ですので、効果はもちろん、副作用も同じように出ることが考えられます。

 

それからハリフィンはハリフィン5という一錠あたり成分が5mgのものも販売されておりプロペシアと比べて5倍となっています。そのままだと成分が強すぎる場合がありますので、分割して飲むなどの工夫も必要です。

 

 

それからプロペシアと同じように女性や子供には使えない薬ですので、家族と同居している場合は薬の管理はしっかり行なっておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です