フィナステリドが有効成分のフィライドとはどんな薬か

薄毛治療で使われている薬では日本の医療機関ではプロペシアがよく選ばれています。これは有効成分がフィナステリドで、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制し、髪を抜けにくくするのに役立ってくれます。

 

そして、薬は高い効果を期待できますが、飲んですぐに抜け毛が止まるというわけではなく、人によっては初期の頃はかえって抜け毛が増える場合もあります。こうした症状はしばらくすると落ち着き、その後は改善が得られるとされていますが、やはり効果の出方には個人差があり、数ヶ月は様子を見る必要があります。

 
それゆえに長期に続けていかなくてはいけない薬となっていますので、長年使っていくとなるとやはりその治療費については気になるところです。できれば治療の費用は少しでも抑えたいという場合もあるのではないでしょうか。

 

 

治療費を安く抑えるためには、まずは医療機関ごとの治療費はよく比較しておきましょう。同じ薬であっても、医療機関によって治療の費用には差がありますので、より安く利用できる医療機関を選んでおくことも大事です。

 
そして、薬を安く購入するのであれば個人輸入という方法もあります。海外ではすでにフィナステリドを利用したより安い薬が販売されており、個人で使う目的でなら入手することができます。薬の情報は口コミなどでも知ることができますが、Siam Bheasach社から製造販売されているフィライドも話題の医薬品です。

 

 

購入前にはその薬の特徴をよく知っておくことが大切です。フィライドとはどんな効果が期待できる薬なのか知っておきたいですが、これはプロペシアと同じ有効成分で作られたジェネリック的な医薬品です。成分はプロペシアと同じように一錠につき1mg含有されており、1日1回一錠を服用していきます。

 
同じ成分ですので、同じ効果が期待できますが、プロペシアとは違い、値段はかなり抑えられています。購入前は副作用やリスクについて知っておきたいですが、プロペシアと同じように性欲の減退、性機能の衰えなどがあるとされていますが、こうした副作用は必ずしも出るとは限らず、出た場合も症状も軽度で済むことも多いとされています。

 
そして、フィライドの場合は成分が5%配合された商品もありますので、そうした商品を選んだ場合はピルカッターなどで分割するなども忘れないようにしたいところです。安全に使っていくためにも安心して購入できる業者を選ぶこと、正しい使い方を心がけることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です