東和薬品のフィナステリドのジェネリック医薬品とは

東和薬品にはフィナステリドのジェネリック医薬品があります。フィナステリドとは男性型脱毛症すなわちAGAに対する治療薬の一つですが、このジェネリック医薬品を東和薬品は出しており、後ろにトーワという名前を付けてそれを表しているものです。この薬がどうして効果を発揮するのかを説明しますと、まずは男性ホルモンであるテストステロンが精巣で作られるところから話は始まります。精巣で作られた男性ホルモンのテストステロンは、血流に乗って全身に運ばれ、頭皮にも達するわけですが、ここでテストステロンは酵素の働きによって別の物質に変化することが分かっています。その酵素は5αレダクターゼと呼ばれる酵素で、これはテストステロンをジヒドロテストステロンという物質に変換する働きがあります。

実は脱毛を起こすのはこのジヒドロテストステロンであって、よく間違えられるのですがテストステロンそのものではありません。そして、この薬はこの5αレダクターゼ酵素を阻害する働きがあり、テストステロンからジヒドロテストステロンが作られるのを阻止する働きを持っていますので、ジヒドロテストステロンがあまり作られなくなり、脱毛の進行がストップして治療薬となることが期待できるというわけです。この薬の副作用ですが、男性ホルモンに作用する薬ですので、男性のいろいろな性機能に影響を及ぼすことが考えられます。一方で、女性に使用しても効き目は期待できません。女性でも脱毛は起こり得ますし、女性であっても男性ホルモンは多少なりともありますが、その量は男性と比べると非常に少ないものですから、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換することを阻害してもほとんど効果はないからです。ただ、女性の場合はそもそも男性ホルモンが少ないのですから、効き目は期待できずとも、副作用はまず考えられないと思われるかもしれませんが、実は大きな落とし穴というか、極めて大きな危険がありますから、女性は絶対にこの薬を使用してはいけません。それは、万が一その女性が妊娠しているときです。とくに、男の子を妊娠しているときが極めて危険です。女性の体内で、唯一といってもよいほど男性ホルモンが意味のある働きをするのがこの男の子を妊娠しているときなのです。その場合、当然ながら妊娠中の男の子の発育には男性ホルモンが極めて重要であり、テストステロンがジヒドロテストステロンになることを阻害することで、もしかしたら男の子の発育に大きな影響を与えるかもしれません。ということで、女性、特に妊娠しているか、あるいは妊娠の可能性のあるような女性は絶対にこの薬を使用してはいけないのです。

ちなみに、フィナステリドは東和薬品以外にもジェネリック医薬品がありますが、とくに海外から個人輸入で手に入れようと考えている人に注意をしておきます。それは、海外では偽物の薬がかなり横行していることです。このような偽物の薬は、外見こそ本物そっくりに作られていますが、有効成分がきっちりと含まれているとは限りませんし、物によってはほとんど、あるいは全く有効成分が含まれていなかったりします。あるいは合成方法が粗雑で、人体にとっては有害な成分が含まれているものもあったりします。薬というものは、ただ外見さえ似せるくらいのことであれば、多少の知識があるような人であれば何ら難しいようなことではありませんし、原材料というか原価に比べるとすさまじいくらいの儲けを出すこともできるので、海外ではそれこそ大掛かりな犯罪組織がこのような偽薬を大量に作って闇ルートで売り捌いて資金源にしていたりもするわけです。こういうものに引っかからないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です