ファイザーに続き沢井製薬もフィナステリドのジェネリック医薬品を販売

AGAの治療には「フィナステリド」と呼ばれる有効成分が大変効果的であることが、日本皮膚科学会の「AGA診療ガイドライン」において推奨レベルAに指定されていることからも明らかであり、このフィナステリドを有効成分とした「プロペシア」と呼ばれる治療薬が日本では承認されて、各医療機関におけるAGA治療で活用されています。
プロペシアは、AGAの進行を抑える効果が高いとして治療に有効とされていますが、その反面、28錠(約1ヶ月分)で7,000円~8,000円と高額であることから、継続的な使用が求められるAGA治療において患者さんに大きな負担となることが問題となっており、医師の処方が義務付けられているプロペシアは薬代のほかに診察料もプラスされるため、これを避けようとフィナステリドと同等の効果が得られ、医師の処方が必要ない海外製の治療薬を個人輸入して使用する方もいます。
こうしたことを受け、2015年2月には日本で初めてプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売を、ファイザー社が取得し大きな話題となりましたが、翌2016年には沢井製薬もこのジェネリック医薬品の製造販売を取得しています。では、沢井製薬が製造販売するプロペシアのジェネリック医薬品の特徴はどこにあるのでしょうか?

 

AGAの発症原因とされているのが、男性ホルモンの一種テストステロンが、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることで起こるとされており、そのDHTの生成に関わっているのが「5-α還元酵素」であり、この還元酵素にはⅠ型とⅡ型が存在し、フィナステリドはこのⅡ型に効果のある5-α還元酵素Ⅱ型阻害薬です。
沢井製薬のジェネリック医薬品は、フィナステリド錠 0.2mg「サワイ」とフィナステリド錠 1mg「サワイ」の2種類がありますが、この薬は水で飲む内服薬で、円形のフィルムコーティング錠で錠剤の色は02mgがやや濃いピンク、1mgが薄いピンクとなっており、色の濃淡で有効成分の含有量を区別できるほか、錠剤自体にも沢井のSWとフィナステリドのFS、1mgには1、0.2mgには0.2と刻印がされています。
また、先に製造販売が承認されたファイザーのジェネリック医薬品(1mg)と比較すると、配合されている添加物に違いがあり、ファイザーはプロペシアとは7種類において異なる添加物を使っているほか、プロペシアにはない添加物を配合して独自のジェネリック医薬品を製造しているため、添加物の種類がプロペシアよりも増えていますが、沢井製薬のジェネリック医薬品は、プロペシアと同一の添加物を使用しているほか、プロペシアよりも添加物の種類が少なくなっており、より副作用を抑えた安心な治療薬となっています。

 

ジェネリック医薬品の大きな特徴はその価格の安さにありますが、特に継続使用が重要なカギとなるAGA治療においては、有効成分と同等の成分を配合し、より安全でリーズナブルな価格で使用できることがポイントであり最大のメリットでもあるため、AGA進行を抑制させるフィナステリドのジェネリック医薬品は患者さんにとって大きなサポートとなります。
沢井製薬のジェネリック医薬品は、医療機関により多少価格に差がありますが、1箱28錠入りで税込4,700円程度と、プロペシアと比較しても大変リーズナブルな価格であり28錠の他に大容量の140錠もあり21,500円程度で購入可能です。また、クリニックによっては28錠入りを5セット以上購入することで1箱あたり4,300円になるため、よりお得で効果的な治療を行うことが可能ですのであり、発毛促進効果のある他の治療薬との併用使用の負担も軽減することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です