All posts by admin

東和薬品のフィナステリドのジェネリック医薬品とは

東和薬品にはフィナステリドのジェネリック医薬品があります。フィナステリドとは男性型脱毛症すなわちAGAに対する治療薬の一つですが、このジェネリック医薬品を東和薬品は出しており、後ろにトーワという名前を付けてそれを表しているものです。この薬がどうして効果を発揮するのかを説明しますと、まずは男性ホルモンであるテストステロンが精巣で作られるところから話は始まります。精巣で作られた男性ホルモンのテストステロンは、血流に乗って全身に運ばれ、頭皮にも達するわけですが、ここでテストステロンは酵素の働きによって別の物質に変化することが分かっています。その酵素は5αレダクターゼと呼ばれる酵素で、これはテストステロンをジヒドロテストステロンという物質に変換する働きがあります。

実は脱毛を起こすのはこのジヒドロテストステロンであって、よく間違えられるのですがテストステロンそのものではありません。そして、この薬はこの5αレダクターゼ酵素を阻害する働きがあり、テストステロンからジヒドロテストステロンが作られるのを阻止する働きを持っていますので、ジヒドロテストステロンがあまり作られなくなり、脱毛の進行がストップして治療薬となることが期待できるというわけです。この薬の副作用ですが、男性ホルモンに作用する薬ですので、男性のいろいろな性機能に影響を及ぼすことが考えられます。一方で、女性に使用しても効き目は期待できません。女性でも脱毛は起こり得ますし、女性であっても男性ホルモンは多少なりともありますが、その量は男性と比べると非常に少ないものですから、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換することを阻害してもほとんど効果はないからです。ただ、女性の場合はそもそも男性ホルモンが少ないのですから、効き目は期待できずとも、副作用はまず考えられないと思われるかもしれませんが、実は大きな落とし穴というか、極めて大きな危険がありますから、女性は絶対にこの薬を使用してはいけません。それは、万が一その女性が妊娠しているときです。とくに、男の子を妊娠しているときが極めて危険です。女性の体内で、唯一といってもよいほど男性ホルモンが意味のある働きをするのがこの男の子を妊娠しているときなのです。その場合、当然ながら妊娠中の男の子の発育には男性ホルモンが極めて重要であり、テストステロンがジヒドロテストステロンになることを阻害することで、もしかしたら男の子の発育に大きな影響を与えるかもしれません。ということで、女性、特に妊娠しているか、あるいは妊娠の可能性のあるような女性は絶対にこの薬を使用してはいけないのです。

ちなみに、フィナステリドは東和薬品以外にもジェネリック医薬品がありますが、とくに海外から個人輸入で手に入れようと考えている人に注意をしておきます。それは、海外では偽物の薬がかなり横行していることです。このような偽物の薬は、外見こそ本物そっくりに作られていますが、有効成分がきっちりと含まれているとは限りませんし、物によってはほとんど、あるいは全く有効成分が含まれていなかったりします。あるいは合成方法が粗雑で、人体にとっては有害な成分が含まれているものもあったりします。薬というものは、ただ外見さえ似せるくらいのことであれば、多少の知識があるような人であれば何ら難しいようなことではありませんし、原材料というか原価に比べるとすさまじいくらいの儲けを出すこともできるので、海外ではそれこそ大掛かりな犯罪組織がこのような偽薬を大量に作って闇ルートで売り捌いて資金源にしていたりもするわけです。こういうものに引っかからないように気をつけましょう。

ファイザーに続き沢井製薬もフィナステリドのジェネリック医薬品を販売

AGAの治療には「フィナステリド」と呼ばれる有効成分が大変効果的であることが、日本皮膚科学会の「AGA診療ガイドライン」において推奨レベルAに指定されていることからも明らかであり、このフィナステリドを有効成分とした「プロペシア」と呼ばれる治療薬が日本では承認されて、各医療機関におけるAGA治療で活用されています。
プロペシアは、AGAの進行を抑える効果が高いとして治療に有効とされていますが、その反面、28錠(約1ヶ月分)で7,000円~8,000円と高額であることから、継続的な使用が求められるAGA治療において患者さんに大きな負担となることが問題となっており、医師の処方が義務付けられているプロペシアは薬代のほかに診察料もプラスされるため、これを避けようとフィナステリドと同等の効果が得られ、医師の処方が必要ない海外製の治療薬を個人輸入して使用する方もいます。
こうしたことを受け、2015年2月には日本で初めてプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売を、ファイザー社が取得し大きな話題となりましたが、翌2016年には沢井製薬もこのジェネリック医薬品の製造販売を取得しています。では、沢井製薬が製造販売するプロペシアのジェネリック医薬品の特徴はどこにあるのでしょうか?

 

AGAの発症原因とされているのが、男性ホルモンの一種テストステロンが、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることで起こるとされており、そのDHTの生成に関わっているのが「5-α還元酵素」であり、この還元酵素にはⅠ型とⅡ型が存在し、フィナステリドはこのⅡ型に効果のある5-α還元酵素Ⅱ型阻害薬です。
沢井製薬のジェネリック医薬品は、フィナステリド錠 0.2mg「サワイ」とフィナステリド錠 1mg「サワイ」の2種類がありますが、この薬は水で飲む内服薬で、円形のフィルムコーティング錠で錠剤の色は02mgがやや濃いピンク、1mgが薄いピンクとなっており、色の濃淡で有効成分の含有量を区別できるほか、錠剤自体にも沢井のSWとフィナステリドのFS、1mgには1、0.2mgには0.2と刻印がされています。
また、先に製造販売が承認されたファイザーのジェネリック医薬品(1mg)と比較すると、配合されている添加物に違いがあり、ファイザーはプロペシアとは7種類において異なる添加物を使っているほか、プロペシアにはない添加物を配合して独自のジェネリック医薬品を製造しているため、添加物の種類がプロペシアよりも増えていますが、沢井製薬のジェネリック医薬品は、プロペシアと同一の添加物を使用しているほか、プロペシアよりも添加物の種類が少なくなっており、より副作用を抑えた安心な治療薬となっています。

 

ジェネリック医薬品の大きな特徴はその価格の安さにありますが、特に継続使用が重要なカギとなるAGA治療においては、有効成分と同等の成分を配合し、より安全でリーズナブルな価格で使用できることがポイントであり最大のメリットでもあるため、AGA進行を抑制させるフィナステリドのジェネリック医薬品は患者さんにとって大きなサポートとなります。
沢井製薬のジェネリック医薬品は、医療機関により多少価格に差がありますが、1箱28錠入りで税込4,700円程度と、プロペシアと比較しても大変リーズナブルな価格であり28錠の他に大容量の140錠もあり21,500円程度で購入可能です。また、クリニックによっては28錠入りを5セット以上購入することで1箱あたり4,300円になるため、よりお得で効果的な治療を行うことが可能ですのであり、発毛促進効果のある他の治療薬との併用使用の負担も軽減することが可能です。

AGA治療はファイザー株式会社のフィナステリドファイザーの登場でさらに手軽に

思春期以降の男性において、前頭部の生え際の両サイドがM字のようになったり、頭頂部がカッパのお皿の様に薄くなる脱毛症をAGA(男性型脱毛症)と呼びますが、この脱毛症は医療機関において治療が可能な脱毛症であるということはテレビのコマーシャルなどを通じてかなり知られるようになってきています。
そんなAGAの治療ですが、基本となるのは米国メルク社が開発し日本ではMSD株式会社が販売しているフィナステリド錠のプロペシアの服用が基本となります。
プロペシアはフィナステリドを有効成分としていますが、これはノコギリヤシという植物の薬効成分から作られた化学合成成分で、5α還元酵素の働きを阻害する効果があります。
5α還元酵素とは、テストステロンをAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる還元酵素で、フィナステリドはこの5α還元酵素の働きを阻害するのでDHTの生成が抑制され、結果的に抜け毛が減少し今まで抜けていた髪が太く長く成長するので薄毛が改善していくというものになります。
このフィナステリドの効果は非常に高く、国内の臨床試験においてはプロペシア1mgの投与によって1年間で58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められていて、1年間で40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果も含めれば98%もの効果が期待出来る薬になっています。

そんなAGAの治療薬プロペシアのジェネリック医薬品としてファイザー株式会社から2015年にフィナステリド錠0.2mg「ファイザー」とフィナステリド錠1mg「ファイザー」が発表され、ファイザー公式サイト上で2015年4月6日に販売と発表されました。
プロペシアの特許期間が過ぎたことでこの様なジェネリックが販売されるようになったのですが、フィナステリドファイザーを使用するのはプロペシアと比べて問題があるのかどうかです。
フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」もフィナステリド錠1mg「ファイザー」もメルク社のプロペシアと同様のフィナステリド含有量となっていますので、作用や副作用に関してもほぼ変わりはなく違和感なくプロペシアから移行することが可能になっています。
フィナステリドファイザーの特徴としては、間違って飲んでしまうなどの危険がないように読みやすさを追求したフォント(つたわるフォント)が使用されていたり、規格の選択ミスを防ぐ工夫がなされていたり、PTPシートにおいても識別性が向上しています。
未成年者が服用できない薬ですし、男性のみで女性は服用できない薬になっているので、こういった後発品ならではの特徴によってさらに安全に使用することが可能になったと言えます。

ファイザー株式会社の販売したフィナステリド錠0.2mg「ファイザー」とフィナステリド錠1mg「ファイザー」の登場によって、プロペシア1択であった事から選択の幅が生まれたのは使用者にとってはかなりのメリットです。
やはり先発薬であるメルク社のプロペシアが良いという人も当然いるでしょうし、この治療は長期的に服用し続ける必要が有るということからもランニングコストを下げるためにファイザー株式会社のフィナステリドファイザーを選びたいという人もいるでしょうし、なかなかどちらかでは効果が出ないという人でも、薬を変更することによって効果を実感することが出来るというケースも大いに考えられるからです。
今後もフィナステリド錠のジェネリックが販売される可能性もあるでしょうし、少なくともフィナステリドファイザーの登場でAGA治療のハードルはさらに下がり、より手軽に始めることが出来るようになったと言えます。

フィナックスとはフィナステリドが主成分の医薬品です

薬には様々な種類がありますが、最近特に注目を浴びているものに薄毛治療薬があげられます。かつては改善が難しかった男性の薄毛治療も、今は薬を1日1回飲むだけで高い効果を得られるようになりました。そして、男性型脱毛症AGAの治療薬として有名な存在がプロペシアです。男性の髪が薄くなってしまう原因のひとつには男性ホルモンの影響が考えられますが、プロペシアは5α還元酵素を阻害し。髪に影響を与えやすいDHTの生産を抑えていく効果が期待できます。そしてその有効成分はフィナステリドとなっており、これは前立腺肥大症などの治療にも使われている成分です。そして、この薬はAGA治療を行なう医療機関で購入することができます。

 

薄毛治療薬はできるだけ安く抑えられるほうが良いですが、そういった場合にはジェネリックにも注目してみましょう。日本ではまだこうした薬は認可されていませんので、医療機関で処方してもらうことはできませんが、海外医薬品の個人輸入なら入手することができます。海外医薬品の購入は難しいというイメージもありますが、インターネット上には輸入代行業者が多く存在しますので、そうした業者に依頼すれば面倒な手続きはすべて行ってもらうことができます。同じ有効成分の薬もかなり安く購入できるというメリットがありますが、Dr.Reddy社が製造しているフィナックスも口コミで人気の高い薬のひとつです。

 

フィナックスとはフィナステリドを主成分としてプロペシアのジェネリックです。同じ成分の薬ですので、同じ効果を期待することができ、1日一錠1mgを服用するなど、使い方も同じとなっています。そして違いは成分は同じですが、コーティング剤などは違いますし、値段にもかなり差があり、プロペシアと比べてかなり安くなっています。
そして副作用については同じように出ると考えておいて良いでしょう。副作用はあまり強くないとされていますが症状が強く出た場合は一旦使用をやめ医師に相談するようにしましょう。そして、自己責任で購入する薬ですので、リスクを抑えるためにも正規品を提供する信頼できる業者を選ぶこと、用量や用法はしっかりと守ることが大切です。プロペシアは妊娠している女性が利用すると胎児の生殖器官などの発育に影響が出るとされていますが、フィナックスも同じ成分ですので、妊娠の可能性のある女性や妊婦の方と同居している場合などは薬が触れないよう気をつける必要があります。

 

なお、フィナステリドのAGAに対しての効果や副作用を把握する為には、男性型脱毛症(AGA)のメカニズムを把握することで、より安全に安心してAGA治療を進められることが出来ます。その為、参考サイトとして「ホルモンと男性型脱毛症の関係」のサイトの閲覧おススメします。また、MSD製薬のサイトなどでも男性型脱毛症(AGA)に関して詳細情報が掲載されていますので、しっかりと知識を深めていって下さい。

フィナステリドが有効成分のフィライドとはどんな薬か

薄毛治療で使われている薬では日本の医療機関ではプロペシアがよく選ばれています。これは有効成分がフィナステリドで、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制し、髪を抜けにくくするのに役立ってくれます。

 

そして、薬は高い効果を期待できますが、飲んですぐに抜け毛が止まるというわけではなく、人によっては初期の頃はかえって抜け毛が増える場合もあります。こうした症状はしばらくすると落ち着き、その後は改善が得られるとされていますが、やはり効果の出方には個人差があり、数ヶ月は様子を見る必要があります。

 
それゆえに長期に続けていかなくてはいけない薬となっていますので、長年使っていくとなるとやはりその治療費については気になるところです。できれば治療の費用は少しでも抑えたいという場合もあるのではないでしょうか。

 

 

治療費を安く抑えるためには、まずは医療機関ごとの治療費はよく比較しておきましょう。同じ薬であっても、医療機関によって治療の費用には差がありますので、より安く利用できる医療機関を選んでおくことも大事です。

 
そして、薬を安く購入するのであれば個人輸入という方法もあります。海外ではすでにフィナステリドを利用したより安い薬が販売されており、個人で使う目的でなら入手することができます。薬の情報は口コミなどでも知ることができますが、Siam Bheasach社から製造販売されているフィライドも話題の医薬品です。

 

 

購入前にはその薬の特徴をよく知っておくことが大切です。フィライドとはどんな効果が期待できる薬なのか知っておきたいですが、これはプロペシアと同じ有効成分で作られたジェネリック的な医薬品です。成分はプロペシアと同じように一錠につき1mg含有されており、1日1回一錠を服用していきます。

 
同じ成分ですので、同じ効果が期待できますが、プロペシアとは違い、値段はかなり抑えられています。購入前は副作用やリスクについて知っておきたいですが、プロペシアと同じように性欲の減退、性機能の衰えなどがあるとされていますが、こうした副作用は必ずしも出るとは限らず、出た場合も症状も軽度で済むことも多いとされています。

 
そして、フィライドの場合は成分が5%配合された商品もありますので、そうした商品を選んだ場合はピルカッターなどで分割するなども忘れないようにしたいところです。安全に使っていくためにも安心して購入できる業者を選ぶこと、正しい使い方を心がけることが大事です。

フィナステリドが有効成分のハリフィンとはどんな薬か

薄毛治療は最近はかなり一般的となっていますが、数ある薄毛治療の中でも特に医薬品を使った治療は手軽に行なえること、費用を抑えられることなどで人気となっています。そして、薬は飲むタイプの薬と直接頭皮に塗るタイプの薬があり、合わせて使うことで高い効果を得られるとされています。塗るタイプの薬はミノキシジルが有名ですが、飲むタイプではプロペシアが有名で、この2つの薬を合わせて処方されることが多くなっています。プロペシアは有効成分がフィナステリドとなっており一錠につき1mgが配合されています。そしてこの薬は1日1回飲むことで効果をあげていくこととなります。効果が出るまでは少し時間が必要で、効果が現れてからも薬を続けることとなりますので、やはり薬の購入費は気になるところです。

 

AGA治療薬を安く購入する方法として、個人輸入が注目されています。海外ではまだ日本では認可されていないプロペシアと同じ主成分で、同じ効果効能が得られる薬が多数販売されています。しかも値段がかなり安いということもあり、こうした薬を選んで薄毛治療を続けている人も多くなっています。

 

 

それからこうした薬も様々な種類がありますので、それぞれの違いをよく理解し最適なものを選んでいきましょう。そして、口コミなどの評価も薬を選ぶ際に良い参考となりますが、ハリフィンも注目されている薬のひとつです。ハリフィンを選び前にはその薬の特徴をよく知っておきましょう。

 

ハリフィンとは、フィナステリドを主成分としたプロスカーのジェネリック医薬品でT. O. Chemicals社から製造販売されている薬です。もともとは前立腺肥大症の薬として使われていましたが、育毛効果が見られたことから、育毛剤としても利用されるようになりました。脱毛の原因となジヒドロテストステロンの増加を防ぐ効果を期待することができます。副作用やリスクについても知っておきたいですが、プロペシアと同じ有効成分ですので、効果はもちろん、副作用も同じように出ることが考えられます。

 

それからハリフィンはハリフィン5という一錠あたり成分が5mgのものも販売されておりプロペシアと比べて5倍となっています。そのままだと成分が強すぎる場合がありますので、分割して飲むなどの工夫も必要です。

 

 

それからプロペシアと同じように女性や子供には使えない薬ですので、家族と同居している場合は薬の管理はしっかり行なっておくことが大切です。

フィナステリドが主成分のフィナバルドとはどんな薬か

薄毛治療は早めに行なうことでその進行を抑えることができます。かなり進行した場合は植毛などで対応することもできますが、まだそこまで進んでいないという場合は薬の治療だけでもかなり良い改善が見られる場合もあります。そして、薬には様々な種類がありますが、飲むタイプの薬は効果が高いことで知られておりプロペシアが処方されることが多くなっています。プロペシアは一日一回服用することで薄毛の進行を抑えてくれる薬ですが、すぐに効果が出るわけではなく、効果を実感するまでには長期に薬を利用していくこととなります。そして薬は保険適用ではありませんので、どうしても高くなる傾向にあります。無理なく続けていくためにも薬はより安く購入したいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

薬代を抑えるためにはジェネリックを選ぶという方法があります。これは新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売する薬ですでに有効成分も製造方法もわかっているので、費用もかなり抑えて同じ成分で効果効能を持つ薬を作ることができます。それゆえにこうした薬を使うと治療費はよりやすく抑えることができます。日本ではまだ薄毛治療の医薬品のジェネリックは販売されていませんが、海外ではすでに使われており、その種類も様々なものがあります。

 

そして、薬を選ぶ場合は口コミを参考にすることも多いですが、フィナバルドも注目されている薬のひとつでこの薬は個人輸入という形で入手することができます。

 

 

フィナバルドとはプロペシアと同じくフィナステリドが主成分となり1錠につき1mgを含有しています。East West Pharma社が製造販売しており、同じような効果効能が期待できながら値段はかなり安いという違いがあります。

 
効果効能も同じように期待できますが、同じ成分の薬ですので副作用も同じようになっていますので、副作用についても確認しておきましょう。
リスクについても知っておきたいですが、まず医療機関で処方される薬とは違いますので、その使用については自己責任ということとなります。プロペシアは女性が使えない薬として知られていますが、同居している女性や子供がいる場合は薬に触れないよう管理はしっかり行なっておきましょう。

 
それからこうした薬はインターネットを通じて購入することが多いですが、中には偽薬が出回っている場合もあります。
それゆえに安全に薬を使っていくためにもできるだけ信頼性の高い代行業者を選ぶこと、使用方法を正しくすることも大事です。

フィナステリドが有効成分のエフペシアとは

男性型脱毛症の治療は日々進化していますが、中でも手軽に行なえる治療方法としては薬を使った治療があげられます。薬は飲むタイプ、頭皮に直接塗るタイプが用意されており、どちらも合わせて利用することも少なくありません。

 
塗るタイプの薬はミノキシジルがよく選ばれており、血行を促進して髪を育ちやすくするのに役立っています。そして、飲むタイプの薬ではプロペシアが有名な存在です。これはもともとは前立腺肥大症などの治療に利用されていた薬で薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える効果が期待できます。有効成分はフィナステリドで一日一回の服用で効果があり、AGA治療では代表的な存在です。

 

そして男性型脱毛症の場合は、治療は保険適用されず全額実費ということがほとんどです。それゆえに治療費は気になるところですが、今のところ、日本ではまだプロペシアのジェネリックは販売されていません。そして薬の効果はすぐに出るのではなく効果が出るまでには数ヶ月程度の期間は必要とされています。

 

そして、効果が出たら治療は終わりというわけではなく、効果を持続するためにはさらに長期に薬を続けていく必要があります。それゆえに治療費を抑える工夫はしていきたいですが、治療費を抑える工夫として、海外医薬品の個人輸入が注目されています。海外では日本では販売されていないプロペシアのジェネリックがすでに何種類も販売されており、エフペシアも口コミで人気の高い薬のひとつです。

 

エフペシアとはどんな薬なのかということとなりますが、有効成分はプロペシアと同じくフィナステリドで、1mgを含有しています。違いは製造販売しているのがインドのCipla社であること、値段がプロペシアと比べて格段に安いことがあげられます。そしてコーティング剤なども同じものではありません。リスクについても知っておきたいですが、同じ成分で作られている薬ですので、効果は同じように出ることはもちろん、副作用も同じように出る可能性があることがあげられます。それゆえに利用する前には副作用についてもよく確認しておきましょう。

 

リスクを抑えるためには正規品を購入することが大切ですので、正規品保証のある信頼できる業者を選んでおくことが大切です。購入は代行業者を選ぶと手軽に行なえますが業者の評判はよく調べておきたいところです。そして早く効果を出したいからと量を多目に飲んでしまうことも避け、正しく服用していきましょう。